女性の悩みの一つである尿漏れに気付いたら早めに泌尿器科へ

悩み

都心での優れた尿漏れ治療

看護師

泌尿器科と聞いて、どんな病気をした時に行くものなんだろうと思う人が多いです。尿という文字があるだけに、尿に関する病気を扱っているのだろうと想像ができます。実際には、尿、また性器に関わる病気、問題を診療していく科といえます。

男性も女性も必ずおしっこをします。おしっこが通る場所として腎臓、尿管、膀胱という器官があります。これらの器官のガン治療も診断範囲です。そして、男性の生殖器に関するトラブルは数多くあります。それはED、性病などの病気です。

男性だけの病気として挙げられるのが、前立腺肥大症、前立腺がん、前立腺炎、急性尿道炎、包茎、などがあります。また、男性だけでなく女性や子どもの患者さんも多く、尿漏れや夜尿症を患って来られる人も多いです。女性だけの病気としては、急性膀胱炎、腹圧式尿失禁、神経性頻尿、尿道カルンクラなどが挙げられます。そのほかにも、男女に共通している症状、病気としては血眼的血尿、顕微鏡的血尿、尿路結石、膀胱結石、尿道結石といった病状が挙げられます。泌尿器科の扱う疾患では、外科系が主となってくるのですが、血尿や性行為感染症といった例外もあります。こういった性病は、初期段階の検査と初期治療が重要になってくるので、たくさんの病状、ケースがあるので、少しでも疑いがある、尿漏れや生殖器のトラブルを感じたら、まずは新宿の泌尿器科を受診、診断することによって症状にあった的確な治療が受けられるでしょう。実際、新宿は都心なので、住んでいる人が多くいます。だからこそ、新宿で泌尿器科を利用する人が多くいるのです。また、中には新宿に住んでいなくても、新宿の泌尿器科を利用する人がいます。それは、優れたクリニックが多くあるからです。